失恋の格言
恋をして恋を失った方が、一度も恋をしなかったよりもマシである。
(テニソン)
忘れる事、それが最上の治療法であり、恋人との愛をつなぐエチケットです。
(宇野千代)
初恋に勝って、人生に失敗するのはよくある例で、初恋は破れる方がいいという説もある。
(三島由紀夫)
失恋って、当の本人は苦しい苦しいと言っているけれど、 本当は終わった恋をいつまでも思い出して楽しんでいるような所があると思う。 本当に苦しいなら、一秒でも早く忘れる努力をする筈だから。
(宇野千代)
もはや愛してくれない人を愛しているのはつらい事だ。 けれども、自分から愛していない人に愛される方がずっと不愉快だ。
(ジョルジュ・クールトリーヌ)
上手に別れられるなどという事は、まったく希なのだ。 そういうのは、ちゃんとうまくいっていたら、別れたりはしやしない。
(マルセル・ブルースト)
女には本当に損なときがある。男によくしてやって愛している事を見せれば見せるほど、 それだけ男は早く飽きてしまう。
(ヘミングウェイ)
会って、知って、愛して、そして別れていくのが、幾多の人間の悲しい物語である。
(コールリッジ)
別れる男に、言いなさい。「花の名を一つ覚えておくように」。花は毎年必ず咲きます。
(川端康成「花」)
男は別れの言い方がわからない。女はそれを言うべき時がわからない。
(ヘレン・ローランド)

][][
恋愛の格言

[失恋のススメ]戻
日本最大級の出会い
安心信頼撫o会い系